SLOTH-STUDIO

スロウスタジオ/日常で役に立つかもしれないあれこれ

【ライナーノーツ】また会う日まで/切り花のある生活を

      2018/06/16

2ヶ月半ぶりに音楽を作ってYouTubeにアップしたのでその紹介記事を書きます。

今回は2曲公開で、どちらもエピフォンのセミアコ「Wildkat Black Royale」での弾き語りをiPhone8のボイスメモで録音したものです。

リズムトラックが入っていなければ、音圧をいじってもいないし、挙句は歌詞も間違ったまま。

純度100%のデモ音源となっております。

ご容赦ください。

 

また会う日まで

3月末にアップした「そのままお元気で」の兄弟曲みたいな感じ。

ですが、それを特に意識したわけではなく、自然と浮かんできたものです。

フォークソングの匂い強めで、なんだか初心に帰った気分。

三十路を目前にすると連絡を取らなくなる旧友が増えてきて、そういう人たちが知らないうちに結婚してたり、起業してたり、死んじゃってたり。

そういうのを又聞きで知るたびに、なんとも言葉にできない気持ちになるんです。

今年に入って死んだ旧友は知る限りはいないんですが、どちらにせよ急に近況が第三者を介して届くことが多い。

ほぼほぼグッドニュースなのが救いですが、今後はそういうわけにもいかないんで。そんな感じの曲です。

スポンサードリンク

切り花のある生活を

最近、妻が切り花を始めました。

玄関に飾られていて、出かけるたび、帰り着くたびに癒しを与えてくれます。

花を選ぶのも、手入れをするのも妻です。

いまは切り花延命剤なるものがあって、水を替える頻度は数日に一度でいいらしいんですが、だとしても小まめに偉いなあと感心してしまいます。

そんな歌です。

 

ちなみに・・・

アジサイの切り花はいまだに飾っていて、もともとは青かったのがだんだんとピンク色に変わってきました。

聞くところによると、アジサイは青だろうが赤だろうが白だろうが、最終的には緑色になるんだそうです。

我が家のアジサイは切り花なのでいつまで枯れずにいられるかの問題もありますが、このまま色の変化を楽しみたいと思います。

撮影:2018年5月30日

撮影:2018年6月1日

撮影:2018年6月11日

 

SLOTH-STUDIO主宰。日曜音楽家として音楽制作、(駄)文筆家としてブログの執筆などを行う。そのほか、”撥弦楽器をこよなく愛するサボテン男”、”孤独のグルメごっカー”なども自称。代表曲「マインクラフトのうた」「Paris 1920’s(『KORG M01D Super Users Official Compilation vol.1』収録)」「君は寿司(『Killer Sushi Five』収録)」など。

 - 雑記, 音楽 ,