SLOTH-STUDIO

スロウスタジオ/雑記、音楽、ゲーム、etc…【気まぐれ更新】

あつ森 プレイ日記「ダイオウグソクムシを捕まえたい」

      2020/08/24

7月のアプデで海に潜れるようになった「あつまれ どうぶつの森」。

さっそくダイビングスーツをゲットして素潜りしていたところ、めちゃくちゃ動きの速い魚影に遭遇しました

いくら泳いでも追いつかない!

まったく距離が縮まらない!

魚影の正体は捕まえてから知ることとなるのですが、先に申し上げておきます。

その魚影の正体は「ダイオウグソクムシ」でした。

 

「なんや、これは、、」と思わず声を出しつつ、追いかけては逃げられてを繰り返す。

ふと「これは何かネタになるんじゃないか」と思いつき、Nintendo Switchの純正機能である”30秒録画”を駆使してその一連の様子を保存、保存、保存。

捕獲シーンを含む複数の30秒動画を組み合わせて、「ダイオウグソクムシを捕まえる動画」を制作しました。

勢いがすべてです。

30秒動画って画質はあんまりよろしくない、ということを知りました。

ダイオウグソクムシを捕まえたい!!

ほかの海の幸と同じように捕獲しようと試みましたが、まったくもって捕まえることができません。

ダイオウグソクムシは、Aボタン連打して全力で泳ぐプレイヤーと同じ速度で逃げていきます。

「もしかすると潜るタイミングが悪いのかもしれないな」と思って、さらに10分ほど追いかけてみました。

まったくもって追いつく気配がありませんでした。

Aボタンを連打する右手親指の腹が痛み、スティックを操作する左手親指にも疲労の色が見えました。

なんなら左スティック自体にも疲労の色が見えたような気がします。

 

 

・・・もう、いい。

こうなってしまったら仕方がない。

頼るは先人の知恵、つまりネット検索です。

「あつ森 魚影 速い」とかで調べてみた結果、「ゆっくりと近づいて、真上に来た瞬間に潜る」という作戦にたどり着きました。

さすがです。

頼るべきは先人の知恵です。

これまでの10分ちょっとの死闘(とは言うものの勝手にこちらが疲弊してるだけですが)はいったい何だったのでしょうか。

 

逃げる速度が速すぎる魚影に遭遇した際には、「ゆっくりと近づいて、真上まで来たらすばやく潜る」作戦、ぜひ試してみてください。

 - ゲーム , ,