SLOTH-STUDIO

スロウスタジオ

【Minecraft】kamakura-cityを作る その3

      2016/11/23

minecraft_かまくらシティホテル1

先日の記事で建設していたかまくらは宿泊施設となりました。その名も「kamakura-city HOTEL」。ホテルとはいってもまだ1室しかないのですが・・部屋数はそのうち増やしていきましょう。

スポンサードリンク

kamakura-city HOTEL

ロビー

minecraft_かまくらシティホテル2

minecraft_かまくらシティホテル3

「このたびはご利用ありがとうございます」ってな感じ

受付カウンターに待ち合いスペースとシンプルな作りです。部屋全体の光源が足りないので、床の中央にあるガラスの下には松明を置いています。絨毯というわけじゃあないですが、雪ブロックを十字に設置(これは改善の余地あり。別の色の羊毛を敷くのもいいかなーと思ってます)。

待ち合いスペースのイスと机は、床の色と被らないようにオークの木材を使用しました。このイスと机の作り方は昔からの手法です。ブログ書いてて気づいたんですが、イスの肘掛け(看板)を付け忘れてますね。あとで付けとこう。。

minecraft_かまくらシティホテル4

ロビー奥の通路はたったひとつしかない部屋へと続いています。

お部屋

minecraft_かまくらシティホテル5

ツインルームです。部屋の中心部がのっぺりとしていたので、羊毛絨毯を敷いてみました。

minecraft_かまくらシティホテル6

ベッドの近くには収納あり。枕元のボタンに意味はありません。大きな窓で開放感も演出。スクショには映っていませんが、ベッドの上、天井もガラスブロックを使用しています。

minecraft_かまくらシティホテル7

部屋の南側には大きな窓。ここから街の名所である滝を見られます。イスと机はロビーと同様、オークの木材を使用。素晴らしい景色をくつろぎながらどうぞ。

minecraft_かまくらシティホテル8

部屋の北側にある階段を登ると・・・

minecraft_かまくらシティホテル9

屋上!

minecraft_かまくらシティホテル10

高所から滝を眺められます。完全に滝ありきの宿泊施設となっています。

さて。部屋を増やすとして、この景色を見られるようどこにどう増設するのか、これは正直まだアイデアが浮かんでおりません。まあ誰が困るわけでもないので、ホテルにはしばらく1部屋のみでの営業で頑張ってもらいましょう。

大分県生まれ、熊本県育ち、福岡県在住。日曜音楽家として音楽制作、駄文筆家として本ブログの執筆を行う。そのほか、"撥弦楽器をこよなく愛するサボテン男"、"孤独のグルメごっカー"なども自称。代表曲は「マインクラフトのうた」「Paris 1920’s(『KORG M01D Super Users Official Compilation vol.1』収録)」など。

 - ゲーム ,