SLOTH-STUDIO

スロウスタジオ/日常で役に立つかもしれないあれこれ

ポケモンクリスタル プレイ日記 (1)「水晶は初プレイ。どこまでコラッタを使い続けられるか・・」

      2019/04/08

急に思い立ち、数年ぶりに3DSを引っ張り出して「ポケットモンスター クリスタル」を購入しました。

ポケモンといえば、リアルタイムでちゃんとプレイしたのは金銀まで。当時は小学5、6年生で、小学校から徒歩2分くらいのところにあるEくんの家にポケモンを持ち寄って遊んだことを思い出します。

ルビーサファイア以降は、(確か)旧作のポケモンが出なくなったこともあってすっかり遠ざかっていました(途中、シリーズを買いはするも前半も前半でプレイしなくなったり・・はありました)。

そんなポケモン遍歴のなか、クリスタル版は未プレイ。今回、購入画面で初めて知ったんですけど、クリスタルは金銀のストーリーにちょこっとサイドストーリーが追加されているようで。しかもあの「セレビィ」をゲットできるイベントもあるという。

他にはどんな違いがあるのかなー、と気分を高めながらプレイスタート。

 

 

 

知らない人が家にいる!!!記憶では、家にはお母さんしかいなかったような・・・。

話してみると、娘を持つ近所の人でした。そんな家に遊びに来るくらいの仲なの?今後ストーリーに絡んでくるの??なんて疑問は残りつつ。

ウツギ博士の職場に行くと、パソコンが追加されていました。時は2000年、わざわざ追加するってこれも時代だったんですかねえ。メールを使いこなすウツギ博士とポケモン大好きおじさん。

オーキド博士はどうなんですかね?

 

ポケモンをくれるときのセリフも金銀のときと違うような・・(記憶違いかも??)。最初のポケモンは「ヒノアラシ」を選びました。やっぱり炎系でしょ、男なら炎でしょ。

そうそう、今回のプレイでは相性の良し悪しとかではなく、単純にそのポケモンが好きかどうかで手持ちを選んでいこうと思っています。そりゃね、いいポケモンで〜、となると数年前にやってた緑版(VC)とパーティ被りかねないですし。

なるべく被りを避けていきたいところ。コラッタ(ラッタ)をどこまで使い続けられるかがポイントです(注:コラッタ好きなんです、あの戦力不足な感じがなんとも好きなんです!)。

 

その後は無事におつかいを済ませて、ライバルの名前を決めて(ひろた、にしました。ちなみに主人公の名前は、すずき)、モンスターボールをゲットして、キキョウシティに向かいます。

コラッタをゲットするのに苦労しつつ(なかなか出なかったり、オスがほしいのにメスばかり出てきたり、やっとオスが出てきたと思ったらこちらの攻撃が急所に当たって一発で倒しちゃったり)、マダツボミを捕まえてイワークと交換したり、エスパーも地面も持たずしてゴーストの遭遇にビビったり。

対ゴースはヒノアラシのひのこで難を逃れました。この時点ってまだエスパー技も地面技もないだろうし、これはそこそこハードル高めではないか。

で、そうこうしているうちにレベルが上がりまくってしまい(ヒノアラシ、コラッタともにレベル13)、マダツボミの塔はあっさりクリアです。

ところで、どうしてここの坊主たちはこんなにマダツボミに執着しているんでしょうか。塔の中心のウネウネがマダツボミだ、とか言われてもにわかに信じがたいし。そもそも胡散臭いし、仮にこのウネウネがマダツボミだとしたらそのうち進化してウネウネ部分がなくなって塔を壊しかねない。

・・あ。だとするとこのウネウネを拝み崇める「マダツボミ教か」何かが発足してる!?

それとも、飛行系ポケモンを愛するジムリーダーへの反発心か。

 

 

 - 雑記, ゲーム , , , , , ,