SLOTH-STUDIO

スロウスタジオ

Fender Catalina(花子)を弾いてみた

   

Fender Catalina(花子)※イメージ

某日。そのギターとは、時間潰しにとふらり立ち寄ったブックオフで偶然出会った。

エスカレーターであがり、あがり、あがり。商業施設の上の階にあるブックオフに到着すると、まずは楽器のコーナーへ。これはたとえ立ち読み目的で訪れたとしても変わらない、一種の儀式のようなものである。というか、正式に名前がついていないだけで、これはもしかすると病気なのかもしれない

楽器のコーナを遠目に見たとき、ひときわ目を引くギターがあった。それが「Fender Catalina(花子)」だった。

濃いめのグリーンに塗装されたボディはとても小ぶりで、にもかかわらずの存在感。近づいてみる。見る。いわゆるフェンダーヘッドから伸びるネックは少しだけ短く、先述の小ぶりなボディにたどり着く。木目の見える塗装は、ネック及びヘッドの裏までしっかり。

Fender Catalina(花子)※イメージ

しばらく眺めたあとで、店員に声をかけて試奏スタート。

 

 

ジャララ〜〜ン。

 

・・・実に安っぽい音がする。こもったような、高音と低音がまるで仕事をしていないような、いわゆる安っぽい音がする。ネックはおろか、ボディも鳴らない。奏でたときに体にくるものがない

いろんなコードを試してみる。ローコード、ハイポジション、ジャズコード、などなど。どれもいまいち感が抜けない。うーーん。

 

アルペジオを試してみる。。。

お、なるほど、こちらはそれほど悪くない。安っぽい音であることに変わりはないが、さっきより弦同士、音が喧嘩をしていないような感じ。それでも「多少マシ」という程度ではあるが。

 

ならば、とソロっぽいフレーズを弾いてみる。

 

 

あ。

これはちょっと好みかもしれない

もちろん、安っぽい音であることに変わりはない。しかしながら、そのチープさがいい方向に作用している。これはこれでいいぞ!という感じ。んーー、伝わるか、このニュアンス。「こういう音を出したい気分もあるよね」とでも書けばいいのか。うーーーーん。

よくも悪くも音が伸びすぎず、響きすぎず。とにかく、この感じ、なんとなく気持ちいい

 

安いし、小ぶりだし、生音の限界はしれたもの。それでも、この安っぽい音の存在意義はある。このギターに関して言えば、ソロフレーズなら十分活躍できそうだなと思った。

Fender Catalina(花子)※イメージ

衝動的に「ほしい」と思ったけれど、価格は1万ちょい。同じ額を使うならいまはギターよりもオーディオインターフェイスを優先するべきだと我にかえり、未購入に至る。

ちなみに、Youtubeで試奏動画を探してみたけど見つかりませんでした。残念。。

大分県生まれ、熊本県育ち、福岡県在住。日曜音楽家として音楽制作、駄文筆家として本ブログの執筆を行う。そのほか、”撥弦楽器をこよなく愛するサボテン男”、”孤独のグルメごっカー”なども自称。代表曲は「マインクラフトのうた」「Paris 1920’s(『KORG M01D Super Users Official Compilation vol.1』収録)」など。

 - 雑記