SLOTH-STUDIO

スロウスタジオ/雑記、音楽、ゲーム、etc…【気まぐれ更新】

【夢日記】”あのとき”の”あの人の本心”を知ることができるサービス

   

※2020年11月2日の夜〜3日の朝にかけて見た夢

スポンサードリンク

世の中には「過去に戻り、”あのとき”の”あの人の本心”を知ることができるサービス」があるらしい。

利用方法は簡単だ。

専用の特殊装置の上に正しく寝転がり、戻りたい過去の出来事やシチュエーションを思い出しながら目をつぶるだけ。

数秒後、目を開くと思い描いた過去にタイムスリップしている。

“ロックオンした人の心の声が脳内に直接聞こえてくる”という特殊能力を身に着けた状態で、だ。

 

僕はこのサービスを使い、とある過去の出来事にタイムスリップしていたのだが、その途中でふと「このサービスから抜け出さないと危ない」という考えがよぎった。

いつの間にか僕は「この世界が本物の世界だと勘違いし始めている」ということに気がついたからだ。

 

このままでは良くない。

たぶん、現実に戻れなくなる。

 

今、僕はなぜか畑のような場所にいる。

しっかりと区画整理されていて、区画ごとに金網で囲われている。

空は晴れの青色とも、曇りの灰色とも言い難い色に染まっている

 

「あっちに出口があるぞ」

謎の直感が教えてくれた、その方向へ全力で走り出す。

途中、Kさんが友達と一緒に畑作業をしているのが見えた。

立ち止まって何かを話しかけたのだが(これが思い出せない)、Kさんの本心がわからないどころか、何の返事もない。

 

次の瞬間、畑にいたはずの僕は学校の中にいた。

校内を走っていた。

「おかしい!」と思ったとき、またしても謎の直感が脳内でささやいた。

まずは1階の出入り口まで行き、建物の外に出なければならない」

僕は一目散に階段を駆け下りた。

 

いったい何階分の階段を駆け下りているのだろうか。

この学校には見覚えがある。

僕が通っていた小学校で、おそらく間違いない。

ということは3階建のはずなのだが、いくら階段を下っても、下っても、1階にたどり着かない。

いつまで走り続けなければいけないのか。

いい加減、疲れてきた。

が、足を止めると帰れなくなる気がして、足は止めなかった。

 

出口が見えた!

僕は光に向かって最後の力を振り絞るように駆け出した。

外に抜け出す瞬間、全身が光に包まれる瞬間、さっき畑で見かけたKさんの声が聞こえた。

 

「何度も話しかけてくれたのにごめんね。私も本心が知れたらって思ったことあったけど、やっぱり君もそう思ってたんだね」

 - 夢日記