SLOTH-STUDIO

スロウスタジオ

【夢日記】鳴りの悪くない中古のギター

      2016/09/07

367f0e89e4df9dffc35c7a1bc5e4534c_s

2016年8月20日の夜~21日の朝にかけて見た夢。

スポンサードリンク

どこかの中古品専門店。天井ぎりぎりまである店にはいろいろなものが雑多に置かれている。扇風機の横に楽器があって、その横には掃除機。並びにルールはなさそうだ。

ギターがある。ボディはYAMAHA「FG」シリーズのような、ふくよかなスタイルで、カラーは茶〜黄のサンバースト。サウンドホールから見えるラベルには「R-200」とある。モーリスやマーティンのようなシンプルな形状のヘッドには、ブランド名であろう文字が書かれている。が、かすれている。かろうじて「mah」だけが読みとれる。

手にとって弾いてみる。

音量はそれほどでもないが、ボディの鳴りはいい。低音から高音まで音の粒のバランスも悪くない。

値札には印字で「9450円」。

大分県生まれ、熊本県育ち、福岡県在住。日曜音楽家として音楽制作、駄文筆家として本ブログの執筆を行う。そのほか、”撥弦楽器をこよなく愛するサボテン男”、”孤独のグルメごっカー”なども自称。代表曲は「マインクラフトのうた」「Paris 1920’s(『KORG M01D Super Users Official Compilation vol.1』収録)」など。

 - 夢日記