SLOTH-STUDIO

スロウスタジオ

【夢日記】水曜日の海、男だらけで騒ぐ

   

a0027_002755

※2016年5月27日の夜~28日の朝にかけてみた夢

スポンサードリンク

高校時代の友人から突然のメール。

「今度の水曜日、海に行こう」。

久しぶりの連絡なのに随分と急だなあ、なんて思いながらOKの返事を送る。

というわけで、男だらけの海遊び。

当日。

エアマットのようなボート(?)の上にイスを置き、そこに布団をかぶせる。

こたつのような感じになったそれのなかに七輪を入れて、貝やカニを炭火で焼く。

私たちはこの焼き方を「蒸し焼き」と呼んだ。

焼き出してしばらくすると、こたつ(?)のなかから貝がカサカサッと飛び出してきた。

友人が突っついて中に戻す。

貝はある程度焼くと、勢いよく海水を吐き出した。

吐き出された海水は友人(和田くん)に直撃。

「うえ〜〜〜」と言いながら海パン一丁になった友人(和田くん)に対して、みんなで「玄界和田(玄界灘)くん」と声をかける。「海くさいよーー」と声をかける。

貝、焼き具合が抜群。とてもうまい。そしてでかい(一個が両手のひらサイズ)。

食べながら自分の腹の出具合が気になった。

貝やカニを食べながら、「来週の水曜日も海に来よう」という話になる。

なぜ水曜日なのか。

ここはプライベートビーチというわけではない。

が、自分たち以外の団体が来ることはないので、プライベートビーチのようなもの。

「晴れるといいねー」なんてのんきなことを言いながら、来週の水曜日は遊べるのか、頭の中では仕事のスケジュールを見直していた。

大分県生まれ、熊本県育ち、福岡県在住。日曜音楽家として音楽制作、駄文筆家として本ブログの執筆を行う。そのほか、”撥弦楽器をこよなく愛するサボテン男”、”孤独のグルメごっカー”なども自称。代表曲は「マインクラフトのうた」「Paris 1920’s(『KORG M01D Super Users Official Compilation vol.1』収録)」など。

 - 夢日記