SLOTH-STUDIO

スロウスタジオ/日常で役に立つかもしれないあれこれ

【夢日記】日の出を見るために自転車で峠に向かう

   

※2018年7月5日の夜から6日の朝にかけて見た夢。

スポンサードリンク

平日の朝、いつもより早く目が覚めた。

なんとなく日の出を見たくなって、着の身着のままで愛車(自転車)にまたがった。

目指すは家からそんなに遠くない場所にある峠。

日の出の眺望スポットであると同時に、チャリダーたちの聖地とされているスポットだ。

その日も早朝から、すでに高そうなチャリに乗った人たちが集まっていた。

ほとんどの人たちが首に一眼レフを下げている。

きっとみんな日の出を撮りに来たのだろう。

ちなみに俺はiPhone8をポケットに忍ばせている。

峠の中腹にあるパーキング兼展望スペースのような広場の西側には、およそ日本のものとは思えないような立派な断崖絶壁がそびえ立つ。

まずはそれをパシャリ。

すぐにくるりと東側を向き、日の出を狙う。

空と大地の隙間から徐々に顔を出す太陽。

散り散りに漂う雲は光を反射&遮断し、白んだ空のキャンバスに黒、白、青の鮮やかなグラデーションを描き出す。

俺のすぐ隣には男女の4人組がいる。

そのうちの1人は見覚えがある。

たぶん中学時代のクラスメイトだ。

 

ここで目覚め。

大分県生まれ、熊本県育ち、福岡県在住。日曜音楽家として音楽制作、駄文筆家として本ブログの執筆を行う。そのほか、”撥弦楽器をこよなく愛するサボテン男”、”孤独のグルメごっカー”なども自称。代表曲は「マインクラフトのうた」「Paris 1920’s(『KORG M01D Super Users Official Compilation vol.1』収録)」など。

 - 夢日記