SLOTH-STUDIO

スロウスタジオ

【夢日記】ガキ使メンバー、謎の組織のビルに閉じ込められる

   

gakitsuka

2016年11月13日の夜~14日の朝にかけて見た夢。

スポンサードリンク

田中(以下、田)「次の建物は・・あれですね」

松本(以下、松)「なんやあれ。見るからに怪しいやんけ」

「一虱国 暗黒堂」と書いてある。ピカピカに輝くシルバーのビルで、自動ドア(入り口)以外には窓も見当たらず、自動ドアからも建物のなかはよく見えにくい複雑な構造になっているようだ。

田中が自動ドアに近づく。

「あれ、この自動ドア開かないですよ」

浜田(以下、浜)「えっ」

遠藤(以下、遠)「あ! あれなんですか?」

自動ドアの前方約2mのところに赤いポストが立っている。ポストには「入館者は500円を入れろ」という旨の張り紙がくっついていた。

方正(以下、方)「これお金入れたら自動ドアが開くんちゃいます?」

「なんやそれ、入館料とるんかい、ここ」

方正は財布を取り出すと、ポストに100円玉を5枚投入した。すると間もなく自動ドアが開いた。

一同「おおーー」

「ほんまに開きよった」

「じゃっ、入ろうか」

ここで後方から焦げ茶色の制服を着た警備員らしきおじさんが走ってきた。

警備員(以下、警)「君たち! 何をしているんだ!」

一同、事情を説明。

「それならこのポストに一人500円を入れてください。自動ドアは一回(500円)につき3秒しか開かないので注意してください」

「え」

方正は自動ドアを見た。しっかりと閉まっている。

「あ、あのぉ・・さっき500円入れたんですけど」

「でしたらもう一度(500円の投入を)お願いします」

「えーーーーっ!!!」

一同「はっはっはっ」

「おまえがもたついとるからや」

パシィッ!

方正はしぶしぶ財布を取り出した。5枚目の100円玉を入れたところで自動ドアが開いたため、小走りで建物の中に入る。自動ドアのすぐ近くにスタンバイしていた松本も、方正のすぐ後ろについて入館。

「あれ、ありなんすか」

「ほんとはよくないですけど。さっき500円払っているのならいま2人分お支払いいただいているので(黙認します)」

「そこは案外人間味があるんやな」

「一虱国はあくまでも慈善団体ですので。営利目的ではありませんので」

「よー言うわっ!」

ちなみに、これ(自動ドア)は内側から開けるときもお金いるんですか?

「内側からは開きませんよ」

一同「えっ」

「出口は別にあります」

「え、でもこのドア以外ドアらしきものは見当たりませんけど」

「そうですね、出口はちょっとわかりにくいところにあります。初めての方だと、そうですねー・・出るまでに最低でも1時間はかかっちゃうでしょうね」

一同「1時間!?」

「やってられへんわ」

「わわわ、待ってください」

「2人入っちゃってるんで僕らも入りましょうよ」

「嫌やわ、こんなん、、」

文句を言いながら、残り3人もポストに入金後、ビルに入っていった。

松本と方正は患者着のようなものを着せられていた。このフロアは病院の待合室のようになっており、かためのソファーのような長椅子10脚が2列に配置されている。すべてのソファーは患者着姿の人たちで埋まっており、なかには立って待っている人も複数見受けられる。

「なんやねん、これ、、」

「まんま病院ですね」

そこに患者着を着た浜田、田中、遠藤も合流する。

「なんや、ここ病院かいな」

「それさっき言ったからもうええねん、、」

「えらい人多いですねー」

「おまえ、これ何分くらいかかるんか聞いてこい」

「はい。・・あー、すみませーん、すみません。これ何分待ちになるんですか?」

「えー、そうですね・・100番の方でだいたいあと60分くらいになりますので、お客さまだと・・500番台なのでおそらく・・あと4時間ほどかかります」

「・・ほんまですか・・」

「目安なので、もう少しかかるかもしれませんが・・」

とぼとぼと戻ってくる遠藤。

「どやった?」

「・・あと4時間はかかるらしいです」

「は!?」

「えっ・・うそやん」

「ほんまかーー!?」

「痛っ、ほんまですって。そんな嘘ついても誰も何の得もしませんよ」

「もぉー出よぉーやー、もーテレビなんてどーでもええわ。おっさん5人が4時間待つ絵なんて誰も見ぃひんわ!」

「そーですね、出ましょうよ」

「あーー! それさっき警備員さんに聞いたんですけど、あの自動ドア、内側からは開かないそうですよ」

「嘘やん・・」

「ほんまやで。警備員に聞いて、さっき入ってきた瞬間に試したけど、ほんまに開かんやった」

「じゃあどうやって出んねん」

出口は入り口とは別のところにあること、出るまでは最低でも1時間はかかることなど警備員から聞いた話を田中が説明。

「・・なんやねん、ここ。めっちゃ怖いわ」

大分県生まれ、熊本県育ち、福岡県在住。日曜音楽家として音楽制作、駄文筆家として本ブログの執筆を行う。そのほか、”撥弦楽器をこよなく愛するサボテン男”、”孤独のグルメごっカー”なども自称。代表曲は「マインクラフトのうた」「Paris 1920’s(『KORG M01D Super Users Official Compilation vol.1』収録)」など。

 - 夢日記