SLOTH-STUDIO

スロウスタジオ

心が雨漏りしかかってる/肉バル ノダニクの「本日のノダニクどん」

   

今日は朝から様子がおかしかった。

決まった時間になっても、いつもなら焦る時間になっても、布団から出ることができない。立ち上がれない。寒さのせいもあったのかもしれない。けれど、とてもそれだけが理由だとは思えない。それくらいに不自然、そして突然に抗えない無気力感に襲われてしまった。

ここのところ連続して起こっている変化に体が追いついていないのかもしれないし、先日の会社の忘年会の雰囲気が悪すぎて、そこで精神的な風邪菌をもらってしまったのかもしれない。ちょっとダークなことを吐露すれば、今は社内の(人たちの)ことを信じられなくなっている。いわゆる人間不信のようなもの。

会社に未来を感じられずに辞めた人、辞めていく人をあの輪に入れるのは間違いだったと思う。テーブルが完全に二極化していた。一方では辞めていく人たちで盛り上がりを見せており、そのノリに後輩たちが巻き込まれ、一緒になって騒いでいた。「これはよくないな」と思ったと同時に、「なんだか気持ち悪いな」とも感じた。

僕のことを知ってる人ならわかると思いますが、別に愛社精神がすごいあるわけじゃないです。そもそも独立ということ自体には僕も賛成派だし。でも、そんな人でさえもあの日のあの空気には気分が悪くなった。会社に残って引き続き仕事をしていく人たちのことを一切考えていないと受け取れる彼らの言動に呆れてしまったのかもしれない。抱えていた大きな仕事が落ち着いて気が緩んでいるタイミングでの出来事だったから、ついうっかり心が雨漏りし出してしまったのかもしれない。

 

というわけで、今日は休みをとりました。上記のストレスは会社にいるだけでも蓄積されてしまうので(先週で実証済み)、平日だけどこのしんどさから一時退却。急ぎの案件を抱えていないからできること。これについてはタイミングがよかった。

昼飯は比較的家の近くにある「肉バル ノダニク」へ。

冒頭の写真は、そこで食べた「本日のノダニクどん」(1500円)です。贅沢ランチです。日替わりでおすすめの肉3~4種を盛り合わせ丼で、今日は何が乗ってますよと教えてもらったんですけど忘れてしまいました。ストレスフリー目指しての贅沢ランチだから無心でした許してください。

好みにあわせて塩、わさび、オリジナルのタレをかけて食べるそうですが、手前のレア焼きなお肉はそれ自体の味が濃いから何もつけなくてもご飯が進む! 柔らかいんだけどほどよい歯ごたえもあって、食べ応えも申しぶんなし。あえて何かかけるとすれば、個人的には塩が一番おいしかったです。

その奥にもあと2種乗ってるんですが、そちらにはあらかじめタレがかかってました。当たり前のようにご飯が進む。あっという間の完食。付け合わせは出汁の効いた味噌汁と、スライスしたカブが印象的なサラダでした。

 

ただいまの時刻は15時。今日の残りは、録画していた番組を見たり、500円玉貯金のぶんを銀行に振り込んだり、緑茶を飲んでみかんを食べたり、できるだけノンストレスに過ごしたいと思います。

 

【追記】普段ATMで済ませすぎてて、銀行の窓口の受付が15時までなのをすっかり忘れてた!行って気づく。

大分県生まれ、熊本県育ち、福岡県在住。日曜音楽家として音楽制作、駄文筆家として本ブログの執筆を行う。そのほか、”撥弦楽器をこよなく愛するサボテン男”、”孤独のグルメごっカー”なども自称。代表曲は「マインクラフトのうた」「Paris 1920’s(『KORG M01D Super Users Official Compilation vol.1』収録)」など。

 - 日記