SLOTH-STUDIO

スロウスタジオ/日常で役に立つかもしれないあれこれ

【自転車】往復約40km、志賀海神社までサイクリング

      2018/09/30

志賀海神社の駐車場にて

メロ職自転車部 福岡支部 支部長のすずきひろたです(唐突)。

三連休の中日、思い立って自転車で志賀海神社(福岡市東区)まで行ってきました!往復のルートや、道中および神社での出来事を記録します。

まえがき

なんとなく、ちょっと前から「行きたいなー」と思っていたんですよね、志賀海神社

最近神社参りをはじめたことも影響しているのかはわかりませんが、天気もいいし、ついでに明日も休みだしというわけで自転車に乗って行ってきました!

これが巷で噂の「神社に呼ばれた」というやつなんすかねえ。。。

 

実は以前に一度、志賀島を目指してサイクリングをしたことがありました。

が、そのときは出発した時間が遅かったこと、途中でバテてしまったことを理由に道中の「マリンワールド海の中道」で引き返していたんです。

そのときのことは以下の記事にもしています。

Diana Miniに振り回されて、LC-A+に心移り(写真あり)

そのリベンジも兼ねて。。。

 

結論から書きますと、無事に志賀海神社まで到達できました!

帰宅後に走行距離を測ってみると、片道ほぼ20km。太宰府までが17.5kmだった(参考:【自転車】約40kmをサイクリングするの巻)ので、それより遠かったことに少し驚きです。

今回は13時すぎに家を出て、道中で昼飯を食べて、貝塚あたりを過ぎたのが13時40分くらい?で、志賀海神社に到着したのが15時ごろ。

久しぶりに自転車に長時間乗ったから尻が痛い

 

往路

ルートは上のグーグルマップの通り。

スタート地点はいつものように、最寄り駅である箱崎駅。箱崎新道経由で箱崎ふ頭西側入口交差点から3号線を北にまっすぐ走ります。

アイランドシティを抜けて、海中方面へ。

名島橋東交差点で左折。自転車用道路があるのでチャリダーも安心道路です

相変わらず近未来的な雰囲気を出してくるアイランドシティ。弧を描いたマンションて

アイランドシティを抜けてお目見えする「海の中道大橋」。これが地味にきつい。角度そんなにないのに足への負担がすごい!(写真はwikipediaから借用)

海の中道大橋を抜けて道なりに左折したあとの道のり

海ノ中道駅まで続く直線が、もう景色変わんないしで延々と続くんじゃないかという精神的な難所。日陰もほとんどないから、太陽光が体力を奪っていきます。

大岳海水浴場のあたり(上のマップでいうところの、カントリー「クラブ」のあたり)は歩道も車道も道幅がかなり狭いです。

スポンサードリンク

両サイドを木に囲まれたこういう道を

車に気をつけながら進んでいくと

急に視界が広くなって・・・

道のすぐ両側を海と砂浜に挟まれた「海の中道」。志賀島はもう目と鼻の先!

気をつけてほしいのが、ここ風がめっちゃ強いです。それもそうですよね、風吹き抜け放題ですから。しかもこの日は終始向かい風で、んまーーペダルが重い重い・・。

そういうときに自分の右側をスーーッとロードバイカーがかっこよく走り去っていくんですから。「くそう!」と思って追いつこうと頑張りたい気持ちはあるんだけどいかんせん足に力が入らん

現状のスピードを維持するだけで精一杯。アラサーおじさん、なさけないよ。。

 

志賀海神社にお参り

こういう感じで鳥居が立ってます

県道59号の「海の中道」を過ぎて少し進むと、右手に大きな鳥居が見えてきます。鳥居のすぐ隣には「シカシマサイクル」というおしゃれカフェもありますよ。

今回は時間の都合で立ち寄りはカット!次は入ってみたい。。

参道をまっすぐ進むと志賀海神社があって、すぐ脇にはそこそこ広めの駐車場がありました。

駐車場にある立て看板

神社へ続く階段。参道からまっすぐでたどり着けます

足がガクガクな状態でこの階段か・・・と若干怖気づいたのは事実として、せっかく念願の志賀海神社だからと本殿を目指して階段をのぼりきったこともまた事実であります

お参りを済ませて、ちょっとお手洗いをお借りしようと向かった先で全長も胴回りの太さも立派なサイズのトカゲを発見

神社で生き物を見かけることは縁起がよく、またトカゲは昔から神の使いとされている・・・というのは最近得た知識ですが、そういうことを知って早々に遭遇できるとはラッキーです。

お手洗い後、建物から出るとトカゲさんがまだ入り口付近に陣取っていたので「お邪魔しました」と挨拶をしてから神社をあとにします。

志賀海神社について、興味のあるかたはぜひ以下のサイトも見てみてください。

志賀海神社に関するリンク

 

復路

帰りのルートは上のグーグルマップの通りです。アイランドシティを抜けてからの道順が往路と異なっているのは、工事の都合で自転車で進むには危ないかも、と判断した結果です。

幸いなことに帰りは日差しがそこまで強くなかったため、行きほどの疲れは感じず。

往路と同じく、だいたい1時間半くらいで無事に帰宅しました。

 

まとめ

西戸崎から「海の中道」に向かうとき、急に空が曇りだし、太陽の光が遮られ、ひんやりとした風が吹く瞬間がありました。

「げげ、ここで雨に降られても雨宿りできるところがないぞ!やばいぞ!」と焦らされ、ここで疲れた足に鞭を打ってちょっとだけスピードアップ!

往路の項にある「両サイドを木に囲まれた細い道」に加速気味で突入し、そこを抜けて景色が開けたと同時に太陽の光がギラギラ!頭上にあった灰色の雲の姿は消えていました。

これがふつーのサイクリングだったら特に何も思わない出来事だと思うのですが、神社を目指していただけについその出来事の意味を考えてしまいます。。

 

まとめ2

さて、実は今回のサイクリングでは、前回と同様に達成できていない目標がひとつあります。

それは、志賀島を一周すること

午後から家を出てたんじゃ時間が足りないということがわかったので、次は午前中からGo!しなきゃな、と。

年内で行けたらいいなー。

 

日本の神社 88号 (住吉神社・志賀海神社) [分冊百科]
デアゴスティーニ・ジャパン (2015-10-06)

大分県生まれ、熊本県育ち、福岡県在住。日曜音楽家として音楽制作、駄文筆家として本ブログの執筆を行う。そのほか、”撥弦楽器をこよなく愛するサボテン男”、”孤独のグルメごっカー”なども自称。代表曲は「マインクラフトのうた」「Paris 1920’s(『KORG M01D Super Users Official Compilation vol.1』収録)」など。

 - 雑記, 日記 ,