SLOTH-STUDIO

スロウスタジオ

今週の気になるミュージック/SESAME「NA NA LAND」

   

最近出合った音楽のなかから、独断と偏見で選んだ気になる楽曲をご紹介。

今回はApple Musicの「For you」で見つけた、SESAME「NA NA LAND」 。……映画「LA LA LAND」とは関係ないんですかね??

SESAME(セサミ)とは

2017年9月結成。

東京を拠点に活動していたバンド・The Rouges(ルージュズ)のHiyoko(Gt.Vo)とKyoroを(Ba.Vo)中心に、JOE(Dr)、SASAO★SEKAI(Gt)を含めた4人組バンドです。

PVもさることながら、静止画でも派手なビジュアルで印象に残ります。

ギターのSASAO★SEKAIさんが、すかんち時代のROLLYさんとダブってしまうのは俺だけじゃないはず!

 

男女混声×歪んだギター

正直見た目はまったく好みではないのですが、サウンドはかなりストライクゾーン入っちゃいました。

粒粗めの轟音ギターで奏でる、妙に耳に残っちゃうリフが心地いい。

それもそのはず、影響を受けたミュージシャンはOASISBlurといったブリットポップなんだそう。

一聴すると「ミスタッチかな?」と思っちゃうようなギターフレーズすらも、「それがいいんだ」と言わんばかりの勢いが楽曲にあります。

上手いだけじゃ伝わらないサムシング、これぞロックですよ。

そういうインディー臭プンプンなのもまた良し。

ファルセットを多用したコーラス男女混声のボーカル(ユニゾン)が爽やかで、ポップでキャッチーな耳障りの良いサウンドを楽しませてくれます。

 

英語?いいえ、日本語です

初めて聞いたときは歌詞を聞き取れず、「海外の新人バンドかな?」と思っていたんですが、違いました。日本のバンドでした。

そう思っちゃうくらい日本語を英語っぽく歌っています。

歌詞カードを見ながら聞けば、確かに聞き取れるっちゃあとれるけれど。。

英語なまりが上手い、とでも言うんですかね?

スコット&リバースより英語なまりがひどい。※褒め言葉です

個人的には歌詞がストレートに入ってこない分、言葉の意味にとらわれずに聴けるのでこういうのも悪くないかと。

 

1st.EP『NA NA LAND / VAMPIRE BOYS』

「NA NA LAND」が収録されているのは、彼らのファーストEP 『NA NA LAND / VAMPIRE BOYS』です。

90’sなジャケ写がいい感じですね、髪の毛の色と合ってます。

このEPはApple Musicでも聴けるのですが、今回は「For you」で見かけでの”ジャケ買い”ならぬ“ジャケ聴き”でした。

……全然関係ないんですけど、「NA NA LAND」と「VAMPIRE BOYS」のPVでヘアカラーがみんな変わってるんですけど、傷まないんすかね

大分県生まれ、熊本県育ち、福岡県在住。日曜音楽家として音楽制作、駄文筆家として本ブログの執筆を行う。そのほか、”撥弦楽器をこよなく愛するサボテン男”、”孤独のグルメごっカー”なども自称。代表曲は「マインクラフトのうた」「Paris 1920’s(『KORG M01D Super Users Official Compilation vol.1』収録)」など。

 - 雑記, 音楽 ,