SLOTH-STUDIO

スロウスタジオ/日常で役に立つかもしれないあれこれ

キングダムハーツ プレイ日記「ホロウバスティオン突入計画」

      2018/07/10

「キングダムハーツHD 1.5+2.5 リミックス」プレイ日記その7。

いよいよラストダンジョン、「ホロウバスティオン」に向かいます。

でもなんかこれで終わりじゃあないみたいですね。

妻の話によると「ここからが長い」んだとか。

気合い入れていきましょう。

 

ホロウバスティオン

ソラ「俺、ここ知ってる…」

到着後のソラのセリフ、いまだに謎です。

回想シーン?でカイリがこの城の図書館でおばあちゃんに話を聞いてるみたいなのがありましたが、そこにソラの姿はありませんでした。

でも、ソラはここを知ってる?

いったいどういうことなんでしょうか。

 

ドナルド「おなかが空いてるんだよ」

…んなアホな。

 

ちょっと進むとリクと再開。

感動の再開になるかと思いきや、彼はすっかりしっかり捻くれてしまっています。

そしてなんと、有ろう事かここでリクがソラのキーブレードの力を奪い取る!!

え、そんなことがあるの?って感じです。

それによって、王様から「鍵を持つ少年と旅をせよ」的な命令を受けているドナルドとグーフィーはソラの元を離れ、リクと行動をともにすると言い出すではありませんか。

落ち込むソラ。

「仕方ないよ」とドナルド。

「ごめんね」と謝るグーフィー。

 

しばらくの間、お供はこちらの「王様」に

背景の美しいお城が隠れちゃってます。

彼はすごく強いのですが、体がでかいことによってプレイヤーの視界を奪っちゃうというウィークポイントがあります。

……強いんですけどね。

キーブレードを失い、木の剣をもったソラは戦力になりません

しばらくは彼に頑張ってもらいましょう。

 

城に入ると再びリクくん登場。

かなりダサくスタイルチェンジされています。

どうした。。

「闇の力で消されたいのか」というセリフもなかなかキテます

そんな姿を見ていても立ってもいられなくなったのか(?)、グーフィーはソラとの旅に戻ると宣言します。

感動のシーン。

グーフィー「ドナルド、王様に謝っといて」

ドナルド「待て!」

 

ドナルド「一緒に謝ろう!」

 

せっかくの感動のシーンもリクのこの表情と格好で台無しです。

なんなん、その顔。。

 

書庫に進んで、トリニティ(物理)

今回は肩車でトーテムポールして高い位置にある本をとります。

 

まるで祖母と孫。

このあと、この祖母(マレフィセント)と戦います。

 

マレフィセントは祖母スタイルを倒したあとでドラゴンスタイルとも戦うことになります。

連戦ではありませんが、ご注意ください。

倒したあとのアングルはまるで車にひかれた小太りトカゲのよう。

 

続きます。

 

大分県生まれ、熊本県育ち、福岡県在住。日曜音楽家として音楽制作、駄文筆家として本ブログの執筆を行う。そのほか、”撥弦楽器をこよなく愛するサボテン男”、”孤独のグルメごっカー”なども自称。代表曲は「マインクラフトのうた」「Paris 1920’s(『KORG M01D Super Users Official Compilation vol.1』収録)」など。

 - 雑記, ゲーム