SLOTH-STUDIO

スロウスタジオ/日常で役に立つかもしれないあれこれ

そこそこ大きいぬいぐるみ #ナマケモノグッズ

      2018/06/16

博多駅はアミュエストを歩いていると、動物のぬいぐるみを置いている棚を見つけました。「もしかしてナマケモノあるんじゃないの?」なんて軽い気持ちで覗いてみると、ありました。出会ってしまったのです。

そこそこ大きい。持った感じ、ちょっとずっしりするし。

ほかにもハシビロコウとかカワウソとかマンドリルとか、「どうして数ある動物のなかでもそいつをぬいぐるみにしようと思ったの?」というようなラインナップで、その中でもなぜかこいつが一番高い

「ナマケモノグッズを見つけたら購入したくなる」という呪いにかかっているわけですが、だとしてもこれは呪い史上最も高額(現時点)なるので、当然シンキングタイムあり。

・・・約5分の熟考の末、無事購入

 

サイズ(そこそこ大きい)

そこそこ大きいと書いてみたものの、そこそこの具合なんて人によってまちまちですよね。

ということで、比較写真を準備しました。

比較対象はゲルインキボールペンのスタンダードと言っても過言ではない、長年愛用している「ユニボール シグノ 0.5mm ブルーブラック」です。

ステッカーが貼られまくった「macboocpro(2011年製/13インチ)」も写っているので、なんとなくこのぬいぐるみのサイズ感が伝わるのではないでしょうか。

めちゃくちゃ大きいわけではないんですが、そこそこ大きいんですよ。

 

手触り、ふわっふわ

見てください、この毛並み。毛の細やかさ。

撫でると、手が幸せ。大変に心地いい。抜群にふわっふわなんです。

写真で伝われ。

伝われ。

 

そのほか、写真あれこれ

抱きかかえた人目線で見ると・・

「ねえ、ねえ、遊ぼうよお」とでも言わんばかりのこの表情に妻がノックアウトでした

気持ちはわかる。

 

跳び箱を飛んでいるの?

置き場所をどうしようか悩んでいるとき、胴体を掴んで持ち上げたら偶然こんな格好に。

ケインや池谷も驚くキレイなフォーム!

これならモンスターボックス行けるぞ、とか思ったけど助走がダメでした。

 

ナマケモノ手袋を装備すると・・

過去に買っていたナマケモノグッズとのあわせ技。

悪くない。

 

スライムと・・

スライムもまんざらじゃない感じ。

 

まとめ

過去に買っていたナマケモノグッズとのあわせ技、その2。

着実に増えております。

 

大分県生まれ、熊本県育ち、福岡県在住。日曜音楽家として音楽制作、駄文筆家として本ブログの執筆を行う。そのほか、”撥弦楽器をこよなく愛するサボテン男”、”孤独のグルメごっカー”なども自称。代表曲は「マインクラフトのうた」「Paris 1920’s(『KORG M01D Super Users Official Compilation vol.1』収録)」など。

 - 雑記