SLOTH-STUDIO

スロウスタジオ

拝啓 2011年から今日まで頑張ってくれたmbp様

   

新しくPCを買いました。

ネットで購入手続きをして、この間の土曜日の夕方に届きました。

注文から到着までわずか3日間、便利な世の中です。

我が家にやって来たのは、メモリ16GB、SSD容量500GBのmacbook pro。

電源を入れてから起動までがものすごく早くて感動しています。

今のmbpはものすごく薄くて、軽いんですね。

ディスプレイを開けるときも、「これで大丈夫?」ってくらい軽く開けられるんですよ?

随分と進化したものです。

唯一、まだキーボードの感触には違和感を感じています。

だけどこの違和感も、あとちょっとでなかったことになるんですよね。

スポンサードリンク

2011年から7年間、本当にお疲れさまでした。

購入当初の僕はマインクラフト廃人で、ほぼ毎週の土日無休プレイにも付き合ってくれてありがとうございました。

マイクラ熱が落ち着くとともにLogic pro9を立ち上げることが増えてきて、その後は写真や動画の加工なんかでも活躍してくれました。

ここ最近はすっかりアプリケーションを2つ以上同時に立ち上げることもできなくなって、ものすごく苦労をかけたんだなあと改めて反省しています。

 

「おつかれさまでした」と書いておいてアレなんですが、「ものすごく苦労をかけた」と書いておいてアレなんですが、あなたにはあと少しだけ頑張って欲しいと思っています。

というのも、実は新しいPCのためにUSB Type-cの変換ケーブルとか、外付けのディスク読み込みのあれとか、もろもろの周辺機器がまだそろえられていないのです。

故にオーディオインターフェイスも繋げない状態で、つまりろくに録音もできないのです。

Logic pro Xもまだインストールできてないし。

これらについては、できるだけ早く買い揃えるつもりです。

だからそれまで、あと少しだけ、引き続きお付き合いくださいませ・・。

 

2018年1月某日。ずぼらな持ち主。

敬具

大分県生まれ、熊本県育ち、福岡県在住。日曜音楽家として音楽制作、駄文筆家として本ブログの執筆を行う。そのほか、”撥弦楽器をこよなく愛するサボテン男”、”孤独のグルメごっカー”なども自称。代表曲は「マインクラフトのうた」「Paris 1920’s(『KORG M01D Super Users Official Compilation vol.1』収録)」など。

 - 雑記