SLOTH-STUDIO

スロウスタジオ

【福岡市美術館】モネ展

      2016/08/17

モネ展福岡チラシ wordpress初心者、触り始めてまだ2日と経ってないけど、とりあえず触って慣れようということで雑記。先日、福岡市美術館で開催中の「モネ展」に行ってきました。

展覧会自体は昨年12月からスタートしていて気になってはいたのですが、仕事の都合などもろもろでなかなか予定が合わず行けずじまいで…。当日は人が空いているであろう開館時間の9時半すぎに到着。が、時すでに遅し。なんと入場列は館の外までズラーッと続いておりました。老若男女と世代を越えた皆々様、どっちかというと女性のほうが多かったかも?モネ人気おそるべし。。

展示されているのは、印象派としてのモネの代表作をはじめ、彼が印象派として名前を知られる前の素描や生前に収集していた作品の一部などなど。目玉は、2月4日からの限定展示されている名画「印象、日の出」。”印象派”という名前の由来ともなったとされる作品です(チラシにも使われていますね)。

個人的にはモネ自身が手入れした庭をモチーフに描かれた晩年の作品のインパクトがすごかった。白内障を患いながらも制作された絵の数々は、もはやパッと見ただけじゃそれが何なのかわからない。まるで色の洪水。絵に対するモネの情熱がこれでもかと込められているように感じました。

観覧後に図録とポストカードを購入して、美術館を出たのは12時前。依然として入場列は美術館の外まで続いてました。午前中に行ってよかった〜〜。モネ人気おそるべし。。

—————

モネ展 会期

2015年12月22日〜2016年2月21日

開館時間 9:30〜17:30(入館は17:00まで)

観覧料 一般¥1500、高大生¥1000、小中学生¥500

HP http://monet-fukuoka.jp/(展覧会特設サイト)

大分県生まれ、熊本県育ち、福岡県在住。日曜音楽家として音楽制作、駄文筆家として本ブログの執筆を行う。そのほか、”撥弦楽器をこよなく愛するサボテン男”、”孤独のグルメごっカー”なども自称。代表曲は「マインクラフトのうた」「Paris 1920’s(『KORG M01D Super Users Official Compilation vol.1』収録)」など。

 - 雑記