SLOTH-STUDIO

スロウスタジオ

映画『銀魂』、スカパラのライブ、引っ越しの準備

   

近年稀に見る、毎日予定のある連休だったのでメモがてら日記。ちなみに、ここに書いていること以外の時間のほとんどは「シムズ3」(PS3)で消えています

 

7月15日「休日出勤」→「映画『銀魂』」

悲しみの休日出勤。多忙期ゆえしょうがないとはいえ、しんどいのはしんどい。やるべきことをちゃっちゃと済ませて映画館へ。

映画『銀魂』、レイトショーで観てきました。実写化って賛否両論ありますが、これはいい感じにまとまったんじゃないかなーというのが個人の感想。

小栗銀さんはいい具合におっさん感あったし、菅田メガネは存在の薄さまでそっくり、橋本神楽は太ったとはいえ可愛いし。個性的な口調には個性的な声が合うんだと学びました。

そのほかの配役も違和感はこれといってなし。あえて言うなら、六代目 中村勘九郎と長澤まさみの無駄遣い

ギャグもあって、シリアスもあって、でもベースはギャグであることを忘れない構成。さすが福田監督。心配になるくらいのパロディもあって、原作のノリ(悪ノリ含む)を大事にしているなあと。

金かけるとこはしっかり金かけてたので、映画館で観ても損した気になりませんでした。おすすめ。

 

7月16日「TOKYO SKA Has No Border」

妻経由で知人に誘われて、昨年のボブディランコンサート以来のライブ。

事前にCDを借りていたものの、仕事の忙しさもあってしっかり聞き込めていなかったのですが、それでもしっかり楽しめるライブでした

曲のノリ、客のノリ、スカパラメンバーのゴキゲンな感じ。どれをとってもハッピーという表現がしっくりくる。

やっぱり生音はたまらない。いつもは弦楽器ばかりに触れてますけど、管楽器も最高ですね

あのリズムで曲を作りたくなっちゃう。ンッチャ、ンッチャ、ンッチャ、ンッチャ。ドラムとベースだけでなく、ギターもキーボードもリズム楽器さながら、あれはいい。

各メンバーは自分が演奏していないときは客をあおって、時には「この曲はこうやってノルんだよ」的に体を動かしていてスカパラ初心者の俺もちょっと安心。仕事のストレスを発散するかのように全身で音を感じた2時間半でした。

で、ついついタオルに加えてライブTシャツも買う始末。いいじゃないか!

 

7月17日「引っ越しのいろいろ」

朝から不動産会社に行き、引っ越しのための書類を書いたり、窓幅とか部屋のいろんなところの寸法を測ったり。

いまのところより広くなるぞー。

来月頭までは仕事で忙しくて、それ以降来月末までは引っ越しで忙しい感じ。

 

シムズ3やってる場合じゃないよ。

大分県生まれ、熊本県育ち、福岡県在住。日曜音楽家として音楽制作、駄文筆家として本ブログの執筆を行う。そのほか、"撥弦楽器をこよなく愛するサボテン男"、"孤独のグルメごっカー"なども自称。代表曲は「マインクラフトのうた」「Paris 1920’s(『KORG M01D Super Users Official Compilation vol.1』収録)」など。

 - 雑記