SLOTH-STUDIO

スロウスタジオ

【TVWacher】「東京タラレバ娘」は「田舎ワクワク娘」だった!(第4話を見て/ネタバレあり)

   

tokyotarareba

どうも、テレビウォッチャーのスズキヒロコです。今日は日テレのテレビドラマ「東京タラレバ娘」第4話について。

 

1話目で倫子、2話目で香、3話目で小雪とそれぞれの恋のはじまり(?)にフォーカスしていたこともあって、さて4話目はどう来るのかな?と楽しみにしていると、待っていたのは3人の友情の物語

ここにきて、高校時代からの親友である彼女たちは、実はそれぞれの理由から上京してきた「田舎ワクワク娘」だったことが発覚(原作知ってる人からすればいまさな情報かもしれないけど)。ちょくちょく東京タワーが絵に入ってくるなあとは思っていましたが、これは主人公たちが元々田舎者だったからなのかーと納得です(東京タワー=田舎者たちの東京のシンボル)。きっとバンドマンの涼くんも元々は田舎者なんでしょう

 

しかし女同士の喧嘩って怖い。溜め込んでいたものが爆発、まさに噴火。お互いに相手を傷つける発言の応酬、よく修復できました。ほんとよかった。修復できなきゃドラマ終わりですから

関係修復のきっかけを作ったのが小雪だったのもよかった。あれだけクールに見えても、やっぱり2人に頼りたいという、そんな彼女の内面が表れています。ほかの2人のどちらかがきっかけを作るのはなんとなく想像できるし。

 

今回は女の友情だけではありません。男どものほうにもいろいろ進展がありました。

倫子が親友に言いたいことを言ってしまった勢いもあってか(?)、KEYに対して年上女らしく自分の意志をはっきり示したり、そんな珍しく防戦が目立ったKEYは俳優デビューしたり、まったく予想の斜め上をいく過去をポロッとこぼしたり。

KEYくん、バーでそんな週刊誌が騒ぎ立てたがるような発言しちゃ駄目だよ。探偵ですらバーにいるこの時代、雑誌記者がバーにいることだって十二分にあるんだからよくない。

あと早坂パイセン、スゥーッと踏み込み過ぎ。いつからそんな話をするまで仲良くなったんだよ。あとマミに対してあんな露骨なたどたどしさはちょっと・・パイセン、しっかり!

 

そんな気になるKEYの発言で第4話は終わり。来週はどうやら「MOCO’Sキッチン」回のご様子。気になる。

大分県生まれ、熊本県育ち、福岡県在住。日曜音楽家として音楽制作、駄文筆家として本ブログの執筆を行う。そのほか、”撥弦楽器をこよなく愛するサボテン男”、”孤独のグルメごっカー”なども自称。代表曲は「マインクラフトのうた」「Paris 1920’s(『KORG M01D Super Users Official Compilation vol.1』収録)」など。

 - 雑記