SLOTH-STUDIO

スロウスタジオ

ビリヤード、はじめました

   

ビリヤード1

年末年始、「ビリヤード」というワードが何気なく話題にあがりました。

最後にやったのは高校生のころだなーだなんて話しているとついついやりたくなってくるもので、昨日は30分、今日は3時間、妻を誘って遊んできました。

スポンサードリンク

ブランクは約10年。当然のことながら、まずキューを玉にまっすぐ当てられない

当たれば「コンッ!」と気持ちのいい音がするのですが・・。

昨日の30分では戻らなかったビリヤード勘も、3時間ぶっ通しでやれば多少は戻ってくるもので、最終的にはそこそこいい音出して玉を打てるようになりました。

 

で。

ちょっと調べてみたら、打ち方にもいろいろあるんですね。

玉の中心のちょっと上を突けば前回転、ちょっと下を突けば後ろ回転、ジャンプショット、キスショットなど。遊び方(ルール)も、「ナインボール」「エイトボール」など。など。

結構いろいろあるみたいです。

調べてから遊びにいけばよかったなー。よし、また行こう。

いいきっかけなんで、今年は1年かけてビリヤードの技術を磨いていこうと思います

ビリヤーダーすずき、爆誕。

ビリヤード2

 

大分県生まれ、熊本県育ち、福岡県在住。日曜音楽家として音楽制作、駄文筆家として本ブログの執筆を行う。そのほか、”撥弦楽器をこよなく愛するサボテン男”、”孤独のグルメごっカー”なども自称。代表曲は「マインクラフトのうた」「Paris 1920’s(『KORG M01D Super Users Official Compilation vol.1』収録)」など。

 - 雑記