SLOTH-STUDIO

スロウスタジオ

ナマケモノグッズ集め、はじめました

   

1612slothgoods1

「SLOTH STUDIO(和名:なまけものすたじお)」と名乗っているのに、家にナマケモノグッズがないのはいかがなものか、ということで先月くらいからナマケモノグッズを集めようと思い立ちまして、グッズを見つけたら買わないといけない呪いを自らにかけたもののなかなか見つからない。

そんな状況のまま師走に突入してしまっていたのですが、先日、ついに見つけました!

 

そもそもナマケモノをデザインに採用したグッズって少ないんですよ。

まあまず見かけない。

コップも、タオルも、置物も、ピアスも、ない

作ろうとしない気持ちもわからないことはないんですが・・ここまでないと逆に燃えます

 

記念すべき初ナマケモノグッズは、福岡市早良区西新にある「ハナウタザッカテン」というお店で見つけました。

全国の手作り作家さんの作品などを扱っている雑貨屋さんです。

かなり個性的な品揃えと、それに負けない建物にも注目!

お店のホームページもあります。→こちら

スポンサードリンク

手袋

1612slothgoods2

なかなかインパクトのある毛糸の手袋です。

ナマケモノの顔が指先から手の甲にかけてでっかく主張しています。

妻に普段使いしてもらおうと企んでいたのですが、「顔がでかすぎる」と拒否されました

それくらい主張がすごいです。ゴイスーです。

使い道のない長〜い手がナマケモノ感を出していていいですね! ぶらぶら。

内側はフリース素材で、これがかなりあったかい

防寒の面で、手袋本来の仕事もきっちりとやってくれそうです。

1612slothgoods3

1612slothgoods4

下あごに親指、上あごにそれ以外の指を入れまして、手を開くと写真のように口を開けた感じになります。・・が、よく見ると口らしきデザインは手の甲側の指先部分にあるんですよね(最初の写真参照)。

じゃあこの口のように開いている部分はなんなんだろう?

・・よくわかんないけど、それがいいじゃない! と自分に言い聞かせることにします。

 

1612slothgoods7

ここまで口(?)が開くとなると、シンゴジラ風に加工してみたくなるのも仕方がない。

ブローチ

lrm_export_20161227_234840

羊毛フェルトのブローチ。これ、とてもよくできてます。

やわらかな表情がいかにもナマケモノって感じでいいですよね。

本来は色違いで3種あるそうなのですが、店頭にあったのは写真の2種のみ。

あとひとつは何色だったのか。私、気になります!

 

ちなみにこちらのブローチは手袋と違い、妻のお気に召したようで。

どうせなら手袋とセットで使ってほしいんですが、それは却下とのことでした。

残念。

そのほか

lrm_export_20161227_234835

黄色いスマイル君と、サボテンモチーフのグラスも買ってしまいました。

スマイル君は腕と足がぐにゃぐにゃ曲がります

そういえばお店のなかのいたるところに巻き付いていたような・・・。

サボテングラスは・・ほら、僕の自画像がサボテンじゃないですか

で、衝動買い。

重量感があって、けっこうしっかりとしたグラスです。

サボテンをイメージしてグラス表面に縦の溝が入ってるんですが、これがあるからか滑りにくく、グリップ感がとてもよい。

 

このように今後はナマケモノグッズを見つけては買い、見つけては買い、というのをやっていきます。なんせ呪いにかかってますから

買い物中、店員さんに「ナマケモノがお好きなんですか?」と聞かれて正直ちょっと困ってしまったので、その理由もとい言い訳も考えておかなきゃいけないですね。

今回は素直に「ナマケモノグッズを集めようと思って買いにきました」って言っちゃったんですけど、絶対変な人だと思われたよなあ。

大分県生まれ、熊本県育ち、福岡県在住。日曜音楽家として音楽制作、駄文筆家として本ブログの執筆を行う。そのほか、”撥弦楽器をこよなく愛するサボテン男”、”孤独のグルメごっカー”なども自称。代表曲は「マインクラフトのうた」「Paris 1920’s(『KORG M01D Super Users Official Compilation vol.1』収録)」など。

 - 雑記