SLOTH-STUDIO

スロウスタジオ/日常で役に立つかもしれないあれこれ

【まとめ】 #孤独のグルメごっこ Season7

      2018/06/17

ひそかなマイブーム、1プレイ1000円程度のTwitter遊び。

<ルール:食後30分以内に更新/140文字すべて使う>

そんな呟きをまとめました。

スポンサードリンク

↑とり田 博多本店(福岡市博多区下川端町10-5 博多麹屋番ビル1F)

まず出てきたのは水炊きのスープ。そう、ここは水炊きの人気店。鶏の旨味しっかりで旨いんだ。そして定食の主役・唐揚げが登場。サッパリしたダシにつけて、、なんて上品な唐揚げなんだ。それでいてジューシー。いやー参った #孤独のグルメごっこ|13:44 – 2016年8月25日

 

↑大衆食堂あらたま(福岡市早良区西新5丁目2-44牛尾ビル2F)

商店街の路地裏にある階段を上って、なんだか隠れ家みたいだなあ。店内は若者で溢れてるぞ。腹の具合に任せて頼んだコンビ定食。胸肉なのに柔らかくジューシーなチキン南蛮、胡椒が聞いたデミハンバーグ、、うん、いいぞ! 添えられたスパゲッティが食堂って感じでいいよなあ #孤独のグルメごっこ|14:24 – 2016年11月2日

 

↑しらに田(福岡市中央区西中洲4-4 RIN FIRST4F)

運良く人気割烹の仕出し弁当にありつけたぞ。丁寧に仕込まれた牛肉を前にして、ご飯が進まないわけがない。うん、いいぞぉ。付け合わせの漬け物とわさびのおかげで、何度でも最初のひと口目の感動を味わえる。ふわふわのだし巻き卵、ダシのきいた野菜の炊き合わせもたまらない #孤独のグルメごっこ|13:47 – 2016年11月8日

 

↑浪速名代 たこ大王 折尾本店(福岡県北九州市八幡西区北鷹見町13-10 オリオンプラザ1F)

おばちゃんが一人でやってるたこ焼き屋でカレー(¥450)。学生が多い駅の近くだけに、ボリュームたっぷりだ。やわめのご飯にかかる甘いルーがなんだか懐かしい感じ。食べても減らないカレーライス、夢のカレーライス。コーヒーをサービスしてもらった。ごちそうさまでした #孤独のグルメごっこ|13:27 – 2016年12月13日

 

↑洋食堂はなや(福岡市博多区博多駅東1-3-6 イル・グラッツィア博多駅駅前1F)

今日の日替りは、豚の香草パン粉焼きにクリームシチュー。…うん、トマト風味のソースの酸味とぎゅっと詰まった豚がよくあう。サクッとした薄い衣もいい感じだ!クリームシチューも具材がごろっと入ってて、こりゃいいぞ。小鉢の手作り惣菜も、なんだか安心する味なんだよなあ #孤独のグルメごっこ|15:07 – 2016年12月17日

 

大分県生まれ、熊本県育ち、福岡県在住。日曜音楽家として音楽制作、駄文筆家として本ブログの執筆を行う。そのほか、”撥弦楽器をこよなく愛するサボテン男”、”孤独のグルメごっカー”なども自称。代表曲は「マインクラフトのうた」「Paris 1920’s(『KORG M01D Super Users Official Compilation vol.1』収録)」など。

 - 雑記