SLOTH-STUDIO

スロウスタジオ

郵便ポスト型貯金箱で「五百円玉貯金計画2016」結果発表

   

chokin2016_1

1年間ちまちま続ける趣味として「五百円玉貯金計画」というものをやってまして。

とはいっても去年から始めたことで、去年は12月を待たずして開封してしまったため、実質的には今年から始めたといっても過言ではありません。

腑に落ちない今年の流行語大賞も決まったことだし、こっちも2016年の結果を出しちゃおうかな、という次第です。

さーて、いくら貯まっているのでしょうか。

スポンサードリンク

「五百円玉貯金計画」、ルールは簡単。

  • 財布に500円玉があったら迷わず貯金箱へ
  • 財布に100円玉が5枚以上あったら両替して500円玉へ→貯金箱へ

あとはたまに支払いの際にお釣りで500円玉をもらえるように頭を使うとか、その程度のルールでゆるくやってきました。いわゆる「なまけチョ」ですね(※なまけものでもできる貯金術の略)。

ちなみに、貯金箱は昔懐かしい郵便ポスト型のものを使っています。

高さ約11cm、幅約5cm(胴体部分)で、決して大きなものではありません。

赤いポストは数年前にどこかで買っていたもので、黄色いポストは去年10月の指宿旅行の際に、JR日本最南端の駅として知られる(?)「西大山駅」の売店で買ったものです。

chokin2016_4

黄色いポストの背面にはこんなシールが貼られています

で、具合はというと、赤いポストのほうはコイン投入口まで貯まっており、黄色いほうは持った感じでだいたい半分くらいまで貯まってる雰囲気。

もったいぶっても仕方ないので、さっさと開封します

 

・ちゃりーん

 

・・ちゃりちゃりーん

 

・・・ちゃr・・あ、詰まった。えいっ。

 

・・・・ちゃちゃちゃりーーん

 

・・・・・ちゃりーん、ちゃりーん

 

 

はい、どん!

chokin2016_5

1万円タワー4本、5000円タワー1本、プラス旧500円玉1枚で計4万5500円

去年は(途中開放とはいえ)1万円とちょっとしかなかっただけに、これは自分でも少し驚きの結果です。2016年の俺、よく頑張りました。

いまは特別ほしいものがないので、全額が銀行口座に振り込まれます。結局貯金かよ!

・・というわけで、本日よりさっそく「五百円玉貯金計画2017」が始まります。次は黄色いポストもいっぱいにしてしまいたいですねー。

それではまた1年後。

大分県生まれ、熊本県育ち、福岡県在住。日曜音楽家として音楽制作、駄文筆家として本ブログの執筆を行う。そのほか、”撥弦楽器をこよなく愛するサボテン男”、”孤独のグルメごっカー”なども自称。代表曲は「マインクラフトのうた」「Paris 1920’s(『KORG M01D Super Users Official Compilation vol.1』収録)」など。

 - 雑記