SLOTH-STUDIO

スロウスタジオ

年代別に楽しむ!Bob Dylan「Like a Rolling Stone」

      2016/11/10

likearollingstone_bobdylan

ノーベル文学賞の受賞で最近何かと話題にあがってるボブ・ディラン。そんなことがあるとどうしても詩のほうばかりが注目されてしまうんですが、サウンドだってとても個性的かつ魅力的なのです。特にコンサートごとにサウンドのアレンジはもちろん、主旋律や歌詞まで変わってしまうパフォーマンスは、まさにボブ・ディランというジャンルそのもの

で、なんとなく検索してみたんですけど、ひとつの曲をライブごと(年代ごと)にまとめた記事っていうのがどうも無さげ。これ、ボブ・ディランというジャンルを堪能するいい方法のひとつだと思うのになあ。

というわけで、氏の代表曲のひとつである「Like a Rolling Stone」(アルバム『追憶のハイウェイ61』収録)のライブ音源を年代別にまとめてみました。ディランの声変わりもお楽しみいただけます

この記事を作るにあたって初めて聞いた音源もたくさんあるんですけど、こういう聞き比べってなんだか楽しいと思うのは私だけでしょうか? 個人的な趣向も踏まえての音源まとめです。

スポンサードリンク

1966年

5月21日 Newcastle

1971年

 

1976年

 

1978年

ゴスペル期突入?

1985年

9月 Tom Petty & The Heartbreakersと

1992年

Letterman’s 10th Anniversary

1995年

The Rolling Stonesと。ちょっと太った?

2009年

10月

2011年

10月。歌い始めの部分で入り損ねて、これには思わず笑顔を見せるディラン。

11月

2012年

11月。ステージのライティングが暗くなったのはこの年から?

2016年

10月14日 Desert Trip。最新のLike A Rolling Stone。素肌にジャケット・・?

※この記事は随時更新していく予定です

大分県生まれ、熊本県育ち、福岡県在住。日曜音楽家として音楽制作、駄文筆家として本ブログの執筆を行う。そのほか、"撥弦楽器をこよなく愛するサボテン男"、"孤独のグルメごっカー"なども自称。代表曲は「マインクラフトのうた」「Paris 1920’s(『KORG M01D Super Users Official Compilation vol.1』収録)」など。

 - 雑記, 音楽, 勉強